男女で気を付けるべき出会い系サイトの危険性とリスク

【男女必見】出会い系サイトの危険性とリスク

「出会い系サイトは怖い、危ない。」との認識が強いですよね。しかし、国民生活センターの統計によると、2012年では出会い系サイトの相談が2万件を超えていたのに対し、2016年では9,000件にまで減っています。

相談件数は減ってるのに怖い、危ないの認識がなくならないのは、それでもまだ怖い目に会ってる人がいて、それをインターネットに投稿してるからというのが理由の1つではないかと思います。

では、どんな怖い目にあってるのか、どうすれば怖くないのか、知ってさえいれば出会い系サイトは出会いの宝庫であり、楽しめるサイトです。ここでは登録すると危険な出会い系詐欺サイトの見抜き方と出会い系で会うリスクを説明し、実際の体験談も紹介していきます。

大切なのは「疑いから入る」です。そして、「過ぎる」も大事なキーワードです。出会い系サイトはデリケートで人には言いにくいサイトなので、危険性を全部解説していきます。

出会い系登録詐欺サイトは個人情報流出・架空請求に注意

まずは出会い系サイトのサイト自体に問題がある事です。

出会い系サイトは数多くあり、詐欺サイトはスマホアプリで簡単に目に付き、ダウンロードできてしまいます。

なかには有名アプリのアイコンに似せて作り、いかにも関連してるかのような安心感を植え付けてるものもあるので要注意です。

そんな詐欺サイトに登録してしまうと、狙われるのは個人情報とお金です。

個人情報流出

個人情報流出

国民生活センターに寄せられる相談で多いのが、個人情報が流出されないかです。

身分証明書をサイト内で提示したけど大丈夫か、迷惑メールが執拗に届くけど大丈夫かなど、個人情報の流出を心配する声があります。

私も詐欺サイトらしきサイトに登録した途端に迷惑メールが瞬時に何通も届き、困り果てた経験があります(泣)

また、ログインパスワードを流出され、他のサイトにログインされてしまう(パスワードを使い回すのが原因)などのリスクもあります。

盗んだ個人情報の行き先は誰も知りませんが、恐らく闇サイトで取引されてるのではないかと思います。

そんな所で取引されたら、何に使われるか想像しただけで怖いですよね...。

個人情報は名前や住所だけでなく、口座番号などもあります。自分の身は自分で守るためにも、詐欺サイトだと登録する前に見抜けるのが良いのは言うまでもありません。

【架空請求】金銭を請求される

【架空請求】金銭を請求される

こちらも国民生活センターに寄せられる相談として多い内容です。

出会い系サイトから20万円も請求された、連絡先交換のためお金を払ったけど返金できるのか、退会しようとしたらお金を請求されたなどの相談があります。個人情報流出よりも、お金関係の相談の方が多いように思えます。

また、無料出会い系サイトに登録したら有料版に同時登録されてお金を請求されるなどのリスクもあり、お金の請求と詐欺出会い系サイトは切っても切れません。

登録しただけで実際に高額なお金を払ってしまったという人もいて、かなり厄介な問題です。

どんな出会い系サイトに気を付けるべきか?

流出と請求のどうしようもない詐欺サイトの見分け方のキーワードは「過ぎる」です。甘い話には罠があると疑っていけば、詐欺サイトに登録してしまうリスクは減らせます。

登録が簡単過ぎる 出会い系サイト規制法で年齢確認は義務付けられてる。詐欺サイトは年齢確認をしてない場合が多い
安過ぎる メールも何もかも無料!と書いてあっても、無料期間が終わったら高くなる可能性あり
高過ぎる 優良出会い系サイトではメール1通50~70円が相場。1通200円以上なら詐欺サイトの可能性が高い
可愛い女性が多過ぎる 一般的な出会い系サイトは顔写真を公開しない女性は多い。顔写真を公開してる女性ばっかり、可愛い子ばっかり、メールを積極的に送ってくる子ばっかりは詐欺サイトの可能性が高い(←そんな都合が良い女性ばかり現実にはいません)

以上のようなサイトがあれば、あれ?詐欺かな??と疑いましょう。

優良出会い系サイトは、インターネット異性紹介事業届出番号がサイトに書いてあります。それがなければ届出を出してない=詐欺と疑いましょう。

もし出会い系サイトではないから届出番号がないと言い訳しながらも出会える!

などの出会いを簡単にイメージできる言葉やコンテンツがあれば、そのサイトは怪しいです。←アプリ版出会い系サイトのアプリ紹介に書いてある場合が多いです。

偽有名出会い系サイトに注意

これは有名老舗出会い系サイトの名を騙り架空請求を行っているサイトや業者です。

中でも昔からハッピーメールと同じ名称やもじったサイト名で出会い系サイトや懸賞サイトを作り架空請求を行っているのが多いようです。

実際に報告があったのは「ハッピィメール」というサイト。

いかにもパクり感が満々ですが、被害に遭っているようです。他にも「HAPPY☆mail」などとにかく多いですので気をつけてください。

公式のハッピーメールはこちら

で他のハッピーメールという名称の出会い系サイトは利用しないようにしないでください。有名出会い系サイトと同じ名称だからと言って安心してサイトを利用すると危ないかもしれません。

他の有名出会い系サイトも同様にこのような悪質サイトが名を騙り架空請求を行うかもしれませんので注意してください。

※当サイトは架空請求を行っているような出会い系サイトは紹介していません。

出会い系サイトで会う危険性とリスク

出会い系サイトで会う危険性とリスク「詐欺じゃない出会い系サイトだと確認してサイトに登録したから、もう大丈夫っ!」

な~んて思ったら危険です。次に気を付けなきゃいけないのが出会い系サイトにいるユーザーです。

男性がカモになる事が多いのですが、女性も性犯罪が増えてるので要注意です。

出会い系で男性が気を付けるべき5つのこと

  1. 優良出会い系サイトの女性ユーザーから詐欺サイトに誘導された
  2. 出会った女性が実は美人局で、怖いお兄さんが登場して脅された
  3. フレンドリーな女性ユーザーがメアド回収業者で個人情報を盗まれた
  4. 援助目的で支払ったが、トンズラされた
  5. キャッシュバッカーで、サイトでやり取りしても結局は会えなかった

以上の実例は耳にタコができるぐらい良く聞きます。

ぶっちゃけ、詐欺ユーザーは優良出会い系サイトにもいます。優良出会い系サイトは運営が用意するサクラこそいませんが、厳格に身辺調査をしてユーザー登録を許可してる訳ではないので、悪質ユーザーでも登録できてしまうのです。

もちろん優良出会い系サイトは悪質ユーザーを利用停止にするなど対処してますが、いたちごっこで全て排除できる日は来ません。

ある体験談では、お金を払ってトンズラされそうになったから警察を呼んだらしいのですが、警察はあまり介入できず、結局は払ったお金は一部しか帰ってこなかったという人もいます。

しかも警察から嫌な顔されたというおまけ付きです。

つまり、出会い系サイトに登録した後も自分の身を守るのは自分のみなのです。どうやって守るのかと言ったら、ここでもキーワードは「疑いから入る」です。

気を付けるべき出会い系にいる女性の特徴

  1. 可愛い過ぎる、セクシー過ぎる、フレンドリー過ぎる女性は要注意
  2. すぐ会える女性は怪しむ
  3. 初回アポは女性が指定した場所へ行かない

可愛過ぎる女性というのは、アイドルのように可愛い女性で、しかも性格が良さそうにフレンドリーに話かけてくる女性の事です。

想像して下さい。そんなに可愛くて性格が良いなら、出会い系サイトで男漁りする訳ないですよね。

そして、そんなアイドル級の女性が庶民に積極的になるなんて夢の話です(泣)

しかもセクシーな洋服を着ていたり、すぐに会える、ファーストメールを送ってくるなんて、訳があるに決まってると疑うべしなのです。

そういった女性は、メアド回収業者が用意した偽の女性や風俗関係、援助目的などです。

お金を出して遊ぶなら風俗でも援助でも良いので積極的にメールしても良いのですが、メアド回収や詐欺サイトに誘導する女性ならば簡単にメラインやメアドを教えてくれたり、「このサイトは使いにくいからこっちのサイトで待ってるよ。」など誘導されます。

そうなったら、ヤバイ女だと思って切りましょう。また、プロフ顔写真を画像検索してるみるのも良しです。

業者だとサイトで拾ってきた画像を利用するので、どこかのサイトで使われてる顔ではないか検索してみましょう。

すぐ会える女性というのは、これもキャッシュバッカーか援助、風俗、メアド回収業者、詐欺サイト誘導業者です。

「今、ヒマだから会いたいな。」と言われ、条件の話が出たら援助か風俗です。乗るかどうかはあなた次第ですw。

すぐに会えると言われて話を引き伸ばすのはキャッシュバッカーで、お小遣い稼ぎの女性で出会えません。

すぐにヤレる!と男性が都合良く想像するのは、援助や風俗のみだと割り切るのも大事です。一般的な女性は、知らない男性とすぐに会いません。

キャッシュバッカーはコピペメールを多くの男性に送信するため、メールの内容が薄いな、短いメールだなと思ったら怪しみましょう。

美人局・共謀が少ないが・・・

最後に、念のためではありますが、初回で会った女性と2人っきりになる時は美人局の可能性を考えて女性が指定した場所へは行かない方が良いです。体験談だと、女性が指定したホテルへ行ったら怖いお兄さんが部屋で待機していたそうなのです。そのため、女性の家や女性が指定するホテルなどへは2人っきりで行かないようにしましょう。

2人っきりになるならば、男性が直前に行くホテルを決めるなどしとくと、多少の美人局対策になります。

男性ユーザーは「疑いから入る」を頭に入れておくと、騙されにくくなります。そんな都合が良い訳ない!とちょっとでも考えれば、ホイホイと女性に誘導されずに済みます。

女性が出会い系で会うリスク

女性が出会い系で会うリスク

  • 男性の家に付いていったら監禁されそうになった
  • 相手が危ない人で、人身売買されそうになった

この2つの例は、嘘か本当かは分かりませんが実際に女性が体験した話です。

また、ニュースで出会い系サイトで知り合った家出少女を保護したとか、男性がストーカーになってしまったなど出会い系サイトがらみの犯罪はありがちです。

犯罪にならなくても、遊び盛りの男性から性病をもらってしまったなどもあります。女性は出会い系サイトでたくさんの男性からアピールされますが、チヤホヤされて警戒心を解かないようにしましょう。

【身を守る】悪質男性に引っ掛からないために気を付ける事

  • 出会い系サイトで知り合った男性の家には初回から行かない
  • 2人っきりになるホテルでは、フロント番号などを予め確認しておく
  • 女性もコンドームを持っていく

性被害に会うのは女性です。出会い系サイトで知り会う男性が全て悪い人ではありませんし、多くは一般的な女性と楽しみたい人達です。だけども、女性も被害にあうリスクがあると気を付けるのに越した事はありません。

安全なサイト選びと安全なユーザー選び

出会い系サイトは詐欺サイトや業者、危険なユーザーなどのリスクはあります。しかし、詐欺サイトに登録しないで済む方法はあります。それが大手出会い系サイトに登録する事です。

大手出会い系サイトはPCMAX、ハッピーメール、Jメール、メルパラ、YYC、ASOBO、ワクワクメール、イククルなどです。

優良出会い系サイト・アプリ一覧

これらのサイトは、運営歴が長くて会員数が多いサイトです。出会い系サイトは運営歴が浅いサイトが多いのですが、上のサイトは運営歴が群を抜いて長いので詐欺サイトではないのか分かります。

また、会員数が多いのでそれだけ出会える異性が多くなるメリットもあります。運営歴が短くても詐欺じゃないサイトもありますが、短い分だけ会員数が少ないデメリットもあり、地方だとなかなか出会えない!となる場合もあります。詐欺サイトを避けたいならば大手出会い系サイトを選べば、会員数のメリットと共に安心さが手に入ります。

そして、大手出会い系サイトでもメアド回収業者や有料サイト誘導ユーザーはいます。しかし、先ほど名前を挙げた大手出会い系サイトには通報機能や利用停止機能があります。また、明らかなキャッシュバッカーに対しては換金させないなどの対策もあります。

詐欺ユーザーに対して厳しい処置をしてるため、登録してからも安心しやすい材料があるのが大手出会い系サイトです。

まとめ

出会い系サイト選びと登録してからの相手選びは慎重にしなければいけないと分かった所で、今までの事をまとめます。

詐欺出会い系サイトの特徴

  1. 異性紹介事業届出番号がない
  2. 料金が高過ぎる、安過ぎる
  3. 可愛い子、セクシーな子、積極的過ぎる子ばっかり

悪質ユーザーの特徴

  1. 可愛い過ぎる、セクシー過ぎる、積極的過ぎる
  2. ダラダラと話を続けるが中身がない内容
  3. ラインIDをすぐさま教える

以上がまとめです。これさえ知っとけば怖くはありません。危険がある出会い系サイトの話でビビらせてしまったかもしれませんが、多くのユーザーは危険ではなく、安全な人達です。

サイト選びさえ間違わなければ、安全な出会い系サイトはすっごい楽しいですよ。

登録したら、すぐに異性と会わないようにすればピュア恋だって探せます。登録さえ注意すれば、後は慎重にリアルアポを取るだけです。そして、ドキドキやワクワクが癖になりますw。

出会い系マッチングアプリ一覧

出会い系
恋活系
婚活系
パパ活
icon
ハッピーメール
無料登録最大1200円分ポイント
ハッピーメール
icon
icon
PCMAX
最大1000円分無料ポイント
PCMAX
icon
icon
ワクワクメール
最大1200円分無料ポイント
ワクワクメール
icon
icon
YYC
最大300円分無料ポイント
YYC
icon
icon
イククル
会員数1500万人
イククル
icon
icon
ASOBO
運営実績20年以上
ASOBO
icon
icon
Jメール
会員数は600万人を突破
Jメール
icon
icon
メルパラ
会員登録無料(無料100pあり)
メルパラ
icon
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

編集長REN

まだネット社会ができる以前、出会い系サイトが盛んではないパカパカ携帯の頃から利用し、体験してきたことを書いている出会い系支援、指南メディアです。

出会い系サイトの嘘の部分と本当の部分を経験したつもりで、本当の情報を共有したいとの思いでサイトを作成しております。

-詐欺被害・危険性