マッチングアプリが彼氏にバレた!その理由と対処法とは

マッチングアプリが彼氏にバレた!その理由と対処法とは

マッチングアプリには真剣に出会いを探している女性もいれば、実は決まった彼氏がいてもマッチングアプリをしている女性もいます。マッチングアプリをしているなんてもちろん彼氏には知られたくないし、もしバレたら喧嘩や別れの原因になるかもしれませんよね。

しかし、こっそりマッチングアプリをしているつもりが彼氏にバレてしまい、浮気を疑われて大変な思いをしたことがある人もいるのではないでしょうか?

一体どうしてバレちゃったんだろう?と不思議に思ったりして。自分はまだバレていないという人も、決して安全ではありません。マッチングアプリが彼氏にバレるのには必ず理由があるんです。

今回はマッチングアプリをしていることが彼氏にバレてしまう理由と、もしバレてしまった時にどうすれば良いのかを一緒に考えていきましょう。

マッチングアプリが彼氏にバレてしまう理由

みんな彼氏にはバレたくないからこっそりアプリを利用しているはずなのに、一体どうしてバレてしまうのでしょうか。ここからはマッチングアプリの利用が彼氏にバレてしまうきっかけとして考えられるものを挙げてみましょう。

スマホ・PCの履歴を見られた

スマホ・PCの履歴を見られた

スマホにマッチングアプリのアイコンがあるのを見られたり、PCの検索履歴を削除し忘れたままにしていて、そこにマッチングアプリの名前などがあったりすると、マッチングアプリを利用していることがモロバレですね。
スマホは絶対に見られないようにしているけれど、同棲していてPCは共有していたり、彼氏が遊びに来た時などに気軽に使わせたりしている人は要注意です。

ポップアップ通知を見られた

ポップアップ通知を見られた

スマホにロックをかけているから大丈夫!私以外の人に中身を見られることはない、と思っていても、意外と気が回らないのがアプリからのポップアップ通知です。

メールアドレスを登録していたらそのメアドに「○○さんからメッセージが来ています」などとメールが来たり、アプリから直接マッチングのお知らせが来たりすることがあります。

メールやアプリからの通知をオンにしていたら、そのメッセージはポップアップ画面に堂々と表示されてしまいます。

ポップアップ画面はスマホがロックされていたとしても、誰にでも見えてしまうものです。アプリからの通知を見られて、アプリの利用がバレてしまったという人も少なくはありません。

彼氏の友人が同じマッチングアプリを利用していた

彼氏の友人が同じマッチングアプリを利用していた

マッチングアプリがバレるきっかけとして、知り合いに見つけられて彼氏の耳に入ってしまった、という人もかなり多いといえるでしょう。

マッチングアプリは自分の住まいのご近所に住んでいる人を探せるものもあります。

もし会うとしたら近い人の方がいいよね、などとご近所さんを検索して、マッチングしたはいいものの、実はそのご近所さんは自分と彼氏の共通の友人や、彼氏の友人だったということもあります。

マッチングアプリを利用していることを大っぴらに話している人ってあまりいませんよね。

知り合いにはマッチングアプリを利用しているとバレたくないという気持ちから、顔写真を載せない人が多いのも事実です。つまり、身の回りにいる誰かがマッチングアプリを利用していたとしても、判断しようがないのです。

アプリに自分の顔写真を載せたり、やりとりで個人情報を簡単に明かしてしまうと、同じアプリに知り合いがいれば簡単にバレてしまいます。さらに、やりとりをする相手が自分や彼氏のご近所さんであればあるほど、知り合いである可能性も高くなります。

マッチングアプリが彼氏にバレないようにするためには?

では、彼氏にバレないようにマッチングアプリを利用するためにはどうすれば良いのでしょうか。

アプリをダウンロードせず、ブラウザからログインする

マッチングアプリにはアプリ版とブラウザ版があるサイトも多くあります。

アプリをダウンロードするのではなく、自分が見たい時にインターネットでブラウザ版を検索してログインするようにすれば、スマホのホーム画面にあるマッチングアプリのアイコンを見られてバレるという事態を防ぐことができます。

いちいち検索するのが面倒だからといって、決してブックマークやお気に入り登録はしないようにしましょう。もちろん検索履歴を削除しておくのも忘れずに。

SNSの友達を避けられるアプリを使う

SNSの友達を避けられるアプリを使う

最近はFacebookなどのSNSアカウントで登録できるマッチングアプリが増えていますよね。

その中にはSNSアカウントと連携して友達の友達といった近しい相手を見つけやすくするものと、SNS上の友達や、友達かもしれない人から見られないようにするものの2種類あります。

当然ですが、後者の方が知り合いにバレにくいのでおすすめです。マッチングアプリに登録する前に、SNSと連携しているかどうかを確認しましょう。

ただ、全ての知り合いがSNSで繋がっている訳ではないので、SNS以外の知り合いにバレる可能性があるということは頭の片隅に置いておきましょう。

プロフィールに顔写真を載せない

プロフィールに顔写真を載せない

共通の友人など、自分と彼氏の関係を知っている人にマッチングアプリがバレるのを防ぐには、とにかくプロフィールで特定されないようにすることが必要です。

プロフィールに写真を載せた方が男性からメッセージが来やすいのは確かですが、顔写真を載せたら知り合いには100%バレます。もし載せるのであれば顔の一部分や後ろ姿にしておくか、自分の好きな食べ物や景色などの写真にしておきましょう。

またプロフィールに、特定されやすい特徴的な趣味趣向を書くのもバレる原因になるので避けましょう。

通知はオフにしておく

通知はオフにしておく

マッチングしたときやメッセージが来た時に来る、アプリからの通知やメールは必ずオフにしておきましょう。

彼氏にポップアップ画面を見られたら、マッチングアプリを利用していることが簡単にバレてしまいます。

できることならメールアドレスの登録もしない方が良いでしょう。女性がマッチングアプリに登録すると、沢山の男性からメッセージが来ることがあります。あまり頻繁に通知のメールが来てスマホが鳴り続けていると、彼氏に怪しまれる原因になります。

マッチングアプリが彼氏にバレた時の対処法

マッチングアプリを利用していることが彼氏にバレてしまった!なんとかうまく言い訳して、フラれることだけは避けたい。そんな時はどうすれば良いのかを考えてみましょう。

正直に謝る

彼氏にマッチングアプリを利用していることを問い詰められたら、まずは素直に認め、謝りましょう。

実際に会って浮気したかったわけではなく、ただ単に暇つぶしであったと、本気で彼氏以外の人と出会うつもりではなかったということを伝えましょう。

マッチングアプリはプロフィールをスクショできるので証拠が押さえやすく、自分ではない、何かの間違いであると言い逃れをするのはなかなか難しいものです。彼氏が許してくれるまでひたすら謝ることが重要です。

友人のためだという理由を作る

どうしてマッチングアプリを利用していたのかと聞かれたときのために、理由を考えておくのも良いでしょう。

例えば「友達の彼氏が登録しているから、どういうつもりでマッチングアプリをしているのか探って欲しいと頼まれた」「友達がアプリで出会った人と急に連絡が取れなくなった。

友達は相手にブロックされているから見られないので、代わりにその相手をアプリで探して欲しいと頼まれた」などと、マッチングアプリを出会い目的で利用してはいないということを伝えましょう。

目の前で退会し、2度としないことを約束する

マッチングアプリが彼氏にバレてしまい、証拠もバッチリ押さえられている場合は、彼氏の目の前でマッチングアプリを退会し、二度としない、万が一した場合はそれなりのペナルティを受けると約束をしましょう。

退会するのを見届ければ彼氏も安心してくれますし、重いペナルティを約束することでもう絶対アプリはしないと信じてもらうこともできるでしょう。

マッチングアプリは極秘事項!彼氏にバレないように気をつけよう

マッチングアプリは極秘事項!彼氏にバレないように気をつけよう

マッチングアプリは現在、男女が簡単に出会えるツールのひとつとして人気を集めていますし、マッチングアプリで出会ったと公言しているカップルもいます。しかし、彼氏がいる場合は話が別です。マッチングアプリを利用していることは誰にも知られてはいけません。

彼氏のことは好きだし、大切だから別れたくない。そう思うのであれば、アプリがバレて彼氏の気持ちを傷つけることのないよう万全の対策をとることが必要です。

出会い系マッチングアプリ一覧

出会い系
恋活系
婚活系
パパ活
icon
ハッピーメール
無料登録最大1200円分ポイント
ハッピーメール
icon
icon
PCMAX
最大1000円分無料ポイント
PCMAX
icon
icon
ワクワクメール
最大1200円分無料ポイント
ワクワクメール
icon
icon
YYC
最大300円分無料ポイント
YYC
icon
icon
イククル
会員数1500万人
イククル
icon
icon
ASOBO
運営実績20年以上
ASOBO
icon
icon
Jメール
会員数は600万人を突破
Jメール
icon
icon
メルパラ
会員登録無料(無料100pあり)
メルパラ
icon

-マッチングアプリ